色のエネルギーで、元気に。

色とは、エネルギーそのものです。

特定の色をみると、元気になったり、落ち着いたりすることがあるのは、思い込みではなく、色のエネルギーによる作用は実際にあります。

疲れているときや、やる気がいまひとつ持ち上がらないときなどは、

明るさや活力をイメージさせるような色を、周囲に置いたり、身に付けたりする工夫は役立ちますね。

色の力だけで、何もかもを大転換させるほどではないけれど、

そこまでの大きなものではないですが、

今の状態に、ちょっとプラスを与えてくれたり、リフレッシュのきっかけになってくれたりする作用は、十分に期待できるでしょう。

今の手持ちのものの中から、活力がわいてきそうな、または、自分が持ち上がっていきそうな色を、えらんで使ってみるといいと思います。

コメント

  1. えみ より:

    リカコさま

    いつも更新を楽しみにしております。
    今回の色のお話について、質問があります。
    自分に活力を与える色、というのは、自身の本質を示すオーラの色と関連がありますか?
    私は、以前、リカコさまにリーディングして頂いた際、エメラルドグリーン、緑青、薄い紫、と教えて頂きましたが、やはりそれらはとても落ち着きしっくりくる色です。(活力とは、また違うかもですね ^^;)

    • リカコリカコ より:

      えみ様

      この記事の内容は、オーラの色とは無関係です。
      たとえば洋服などの、「物の色からくる作用」について書いているものです。

      オーラに含まれる色が、活力を与えることも、もちろんありますが、
      オーラに含まれない色でも、活力を与えることもありますので、

      オーラの色との関連はあまり重視せずに、
      色そのものの印象とか、自分の感覚で判断をするのがいいと思います。

  2. かぷちん より:

    私は寂しい時などは淡~いピンク色の寝具で眠ると安心します。

    仕事でスピーディーにこなしたい時は赤色を身につけると活力がでます。

    我ながら単純です。(^_^;)

    • リカコリカコ より:

      かぷちんさま

      そういう繋がりを自覚していらっしゃるのでしたら、
      「そのシチュエーションのとき」に、「その色」が、ご自身に役立つ色なのだと思います。