この人生も、たましいの学びの途中。

人は、何度も生まれ変わって、たましいを成長させる学びを続けています。

そのため、今回の人生より前にも、人として過ごしている「経験値」をもっていて、以前の人生を「前世」といいます。

いくつもの前世を重ねていてもなお、

今回もまた、この世という学びの場所に存在している。

この事実が示すことは、

以前の経験だけでは、まだ学びが十分ではない、ということ。

この時点でまだ、私たちのたましいは「学びたりない」「未熟さ」があるからこそ、こうして再びの学びをしています。

この世にいるすべての人は、今もなお、たましいの学びの「途中」だということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました