エネルギーに敏感な人は、気が散りやすい。

すべてのものには、「波長」「波動」などとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、生活上のさまざまな動きの中で、お互いのエネルギーをやりとりしています。

この世という場所は、見えないエネルギーの海のようなもので、私たちは、その中で過ごしていることになります。

どのような質のエネルギーに、どのくらい反応をするかは、備わっている性質により個人差があります。スピリチュアルに関心がある人は、エネルギーに敏感である人が多いようです。

特定のエネルギーだけに反応が起こりやすい(人の気持ちに敏感になってしまう等)人もいますし、または、いろいろなエネルギー全般に対して、感化されやすい人もいます。

いろいろなエネルギーに感化される性質の人は、「ひとつの物事に集中しにくい」特徴がみられます。

受けとめるセンサーが発達しているので、たまたま目にしたこと、たまたま耳に入ってきたことが、どれも、反応するきっかけとなってしまい、

あれもこれも気になって、思考の対象が増えてしまうので、ひとつの方向へエネルギーをむかわせていけなくなるのです。

意識にとまる範囲が広いことで、先回って動いたり、気が利いた言動をとることができるというメリットもありますが、

ひとつに集中できないので、なかなかものごとが完結しなくて、やりかけになるケースが多かったり、

または、相手から「落ち着かない人だ」という印象をもたれて、実際の能力よりも低くみられたりすることもあるかもしれません。

エネルギーをとらえる力が高いことは、役立つことも多いですから、なるべくよい方向へといかしていくようにして、デメリットになり得るところは軽減するというバランスが望ましいです。

そのためには、まずは、自分が「エネルギーに敏感であり、そのあらわれとして、いろいろなことに反応しやすい」と、わかっておくことです。

自覚していられたら、そういう反応をしている自分に、客観的になれる瞬間が増えてくるので、「あ、また自分は別のことを考えてしまっているなー」と気づくことで、元のあるべき状態へ意識の比重を戻すことができます。

そして、必要なことへ集中するためのコツですが、こういうタイプの人が「ひとつに集中」しようとしても難しいので、

「二つに集中」とか「三つに集中」というような、複数への集中(というのは、変な表現かもしれませんが)という形をつくっていくことです。

複数の対象を用意して、短時間ごとに、集中する対象を移していくようにすると、その場ごとの思いつきのような反応は、減っていくようになるでしょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加