ひらめきを書きとめたものを、後から読み返す習慣を。

スピリチュアルな要素が関連している、ひらめきやアイデア(予知的に把握している、守護霊がヒントをくれている等)は、記憶に残りにくいものです。

スピリチュアルなエネルギーを受信しているときの、自分の意識状態は、普段よりも若干、眠っている最中の意識状態に近くいため、そのときは「もうすごいアイデアがひらめいた!」と印象が強くても、記憶に定着しません。

ですから、ふと思いついたひらめきやアイデアの断片らしきものがあったら、何のことかよくわからなくても、すぐに使える内容ではなくても、まずは「書いておくといい」と、これまでに何度もお伝えしてきました。

バイオリンを手にして考える女性

それらの「書いたもの」は、定期的に読み返す習慣をつけることも大事ですね。スピリチュアルなエネルギーが関連していることは、記憶に残りにくいですから、その勢いのままに「書いたもの」を、「書いたということ自体を忘れてしまう」ケースも、結構ありがちです笑。

私自身も、書くことはもう習慣になっているのですが、書いたものを読み返すことは、忘れることはないけれど「わかっていても、なかなかできない」「なかなかやらない」ことが多いです。

以前にも記事にしたことがありますが、予知的なセンスがある人は、未来のことに焦点が合いすぎて、過去のできごとを掘り起こすような意識の使い方はストレスが掛かるのです。

それで、わかっていてもなかなか読まないでいた、半年以上も前メモの中に、ちょうど今やっている作業にいかすとよさそうなアイデアが含まれていて、今更ながら、ちょっと感動しています。そうか、これがこうなっていて、ここに繋がっているんだなーと。

皆さんも、アイデアを書くことは習慣にしたけれど、後から読み返すことがなかなかできないままになっていたら、ぜひ、読み返す時間をとってみてください。何かいいものが、見つかるかもしれません。

コメント