インスピレーションや、テレパシーを増やすには。

インスピレーションとは、外側からエネルギーがふきこまれるような「霊感的」「直感的」なひらめきのことです。

テレパシーとは、「心の中にある思いが、五感を通さずに伝達される」ことです。言葉、表情、身振りなどを「見たり、聞いたり」という手段を使わずに伝わることをいいます。

どちらも、エネルギーがやりとりされるあらわれです。

インスピレーションや、テレパシーを増やすには、そのための「受信器」であり「発信器」でもある「自分のオーラ」を整えておくことが大事です。

受信するときのオーラを「網」にたとえるなら、網目がつまっていて、なおかつ各種のエネルギーを「受けとめる柔軟さ」があるほうがキャッチしやすいですね。

発信するときのオーラを「糸電話」にたとえるなら、糸は「軽くてしなやか」であるほうが「音を伝えやすく」なります。子どもの頃、理科で実験した記憶がありますが、糸の種類によって差がでるのは、エネルギーを伝える「振動」のロスが(しなやかなもののほうが)少ないためだそうです。

このことから考えると、「受けとめやすい」「伝わりやすい」エネルギーの質とは、「波長の高さ」そのものだなあと思います。

波長が高いエネルギーの振動は「軽い」ものです。

振動の速さはあるのだけれど、気忙しいような速さとは違っていて、「弾力によるしなやかな響き」のような速さなので、そこには「軽さ」があります。

軽くて、しなやかな、高い波長のエネルギーを体現していられるほど、伝達のロスが少なくなる(=たくさん伝わる)ということですから、

そういう自分でいられれば、インスピレーションも、テレパシーも、エネルギーの伝達が増えていくことが期待できます。

軽いエネルギーになるという考え方は、抽象的でわかりにくいので、「重いエネルギーの逆」と考えてみるのがいいでしょう。重いエネルギーになりそうなことを、省いていったり、改善していったりすれば、軽いエネルギーに近づいていきます。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加