攻撃される怖れから、自分の力を出せなくなっているケース。

小さいころから優等生で、先生や大人に可愛がられ、評価され続けた場合、その人の肯定感が増して、いつでも自信いっぱいに振る舞える・・・とはならず、逆にとても窮屈な生き方になってしまうことがあります。

なぜなら、繊細で、他人の立場などを気にするタイプの人は「自分だけが特別扱いをされることが負担になる」場合があるからです。

褒められたり評価されたりして抜きん出ると、それを面白く思わない人からの嫉妬や攻撃の対象になってしまうことがあります。そういうことをする人は、どこにでもいます。

繊細な人は、そうしたわずらわしいことを避けたいために、わざと天然を装ったり、実際より自分を低く見せて「私は、こんなにも普通です」と振る舞うことで自分を守ろうとします。

他人に気配りをする性質の人は、自分が褒められると、そうではない立場の人たちが気詰まりになるだろう、そんな状態を作ってしまっては「相手に悪い」と考えてしまうので、自分が褒められることがないように「力を出し切らない」動きをしたりします。

褒められるたびにそれを打ち消すように、「自分は普通」であることを強調し、実際より力を抑えよう、低く見せようと振る舞っていくうちに、上辺の動きのはずが、習慣となってしまって、

いざ、自分の「本当の力」を発揮しようとしても、どうすればいいのか分からなくなってしまうことがあるのです。

繊細で相手に配慮する思いやりをもっていて、自分が目立つことにそれほど執着がない人は、このパターンにはまりこんで、自分の力の出し方がわからなくなるケースはかなりあります。

当てはまる方は、以下のように考えてみましょう。

子どもの世界は狭いです。その中で嫉妬の対象となることは、他に行き場がないので、繊細な気質であれば辛い経験となります。自分を守るために、普通であろうとすることは、「その時点では」必要だったのでしょう。

けれども、大人になれば、「学校だけ」「友達だけ」という狭い中にいるわけではないので、一部の人間関係で嫉妬があっても、他の人間関係で安心や肯定を得ることは可能です。

それに、世の中の全員から好かれることは不可能ですから、いろいろ言う人がいたとしても「そういうもの」ととらえていき、怖れから抜け出し、

今の自分らしさをまずは、「自分が見つけていく」「自分が認めていく」ことからスタートしていきましょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加