学びが深まると、守護霊との重なりが深くなる。

自分と守護霊は、グループソウルとよばれる「たましいの大元」を同じくしている、とても繋がりが深い関係になります。

自分は、肉体という物質をもっている分だけ、意識の及ぶ範囲は狭くなり、

守護霊は、物質の制限がないので、より広範囲の意識を備えています。

守護霊は「全体」に近い存在で、自分は「一部分」を体現している存在です。

この世での、人としての経験は、新たな知恵を獲得するための学びであり、同時に、自分が備えているものをあらわしていく学びでもあります。

新しい知恵を獲得するほど、自分らしさという個性が増えることになります。

自分が備えているものをあらわしていくことは、ある意味「守護霊の意識の領域に近づいていく」ともいえますね。

私もこの仕事をして10年以上になり、ご利用いただけるお客様とも、長いお付き合いをいただく方が増えてきました。そうした経験から思うことですが、

人生という時間を重ねて、学びが深くなっていくほど、「自分の守護霊に似ていく」ようになるのだなあ、と。

たましいの繋がりがあるので、元から似ているのですけれど、「人としての学びの深さ」がそのまま「重なりの深さ」となっていくようで、

一部分が、少しずつ、全体に近づいていくというプロセスを、

この世という限定された場所へ、あえてやってきて、学んでいるのだなあということを、こういうところからも気づかされます。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加