行動を重ねていくほど、比較から自分らしさがわかる。

数人で同じことに取り組んだ場合、一回、二回ではそれほど大きな差はつきませんが、五回、十回と行動を重ねていくと個性の差があらわれてくるものです。

同じ手順で、同じように作業をしても、同じ結果にならず、

それぞれの性質や特徴の差が、結果にあらわれてくるのが不思議なものです。

自分らしさというものは、行動をたくさんしていけば

必ず、自然にあらわれます。

ときには、自分らしくない行動を無意識でしてしまうことがあっても、そういう動きは(自分らしくないので無理が掛かり)長続きはしないから、

行動をたくさん重ねていく中で、不要なものはそぎ落とされて、自分らしいものが残っていくのではないでしょうか。

自分らしさを見つけたい場合も、自分らしさをあらわしたい場合も、行動をしていくことが必要で大事だということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました