霊感が強くなると、幽霊が見えてしまうのではと不安な方へ。

ときどき「もしも自分の霊感が、今後かなり強くなったとしたら、いつか幽霊を見ることになってしまいそうで怖い」というご相談をいただくことがあります。

スピリチュアルな知識として「霊感は誰にでもある」もので、「自分の成長とともに、感性の全般も比例して成長していく」とわかると、心配になってしまう人もいるのでしょうね。たびたび聞かれますので。

スピリチュアルなことに関心はわくとしても、そういうことが付随してくるのかと考えると躊躇してしまう気持ちも出てくるのでしょうけれど、

結論からいえば、あまり心配はいらないと思います。

霊感が強くなったとしても、そのあらわれが「霊をみることに結びつくケースばかりではない」からです。

夕暮れ空を見上げる女性

霊が見えることは、霊感の種類のひとつ。

スピリチュアル的にいえば、人とは「肉体をもった霊的存在」であり、すべての人に霊感があります。

けれど、霊感の備わり方は人それぞれ違いがあり、とても霊感が強い人もいれば、一般的な度合いに留まる人もいます。

また、霊感のあらわれの種類にもいろいろあり、大きくわけると「見える」「聞こえる」「感じる」「わかる」などがあります。

このうちの「見える」センスが強く備わっている人で、

なおかつ「見える対象が(オーラや抽象的なビジョンなどではなく)霊が見えること」に焦点があうセンスであることが、

霊が見えてしまうことの条件となりますので、

こう考えてみると、結構「狭い」ですよね。

仮に、これからかなり霊感が強くなったとしても、(現時点では見えていない)未浄化な霊が、いきなり見えてしまうケースはそれほど多くはないでしょう。

霊能者でも、幽霊は見えない人も結構います。

霊視を職業にしている人でも、「先祖霊は見えるけれど、未浄化な霊はあまり見えない」とか、「守護霊だけが見える」人もわりと多くいます。

それぞれ波長の領域が違いますから、どの範囲に焦点があいやすいかは、人によりセンスの備わり方が違うからです。

霊視という「見えるセンス」+「霊に焦点があう見え方」が備わっていても、「未浄化な霊は、あまり見えない人もいる」のですから、

これらの条件がすべて揃って、見えてしまうようになるケースは、可能性としては小さいということです。

むしろ霊現象から遠ざかるケースも多いです。

しかし、これまでお伝えしたような条件が揃っていれば、霊感が強くなっていくとともに見えてしまう可能性もゼロではないです。

ですが、私の経験上は、霊感が強くなることで、むしろ「霊現象から遠ざかっていく」ケースのほうが多いという印象です。

「今まで、よく未浄化な霊が見えていたけれど、自分の霊感が洗練されていったことで、その領域と波長があいにくくなり、あまり見なくなった」とか、

「以前は金縛りによくあっていたのが、その領域から自分が抜けたようで、まったく金縛りにならなくなった」とか、

霊感が強くなることで、そうした霊現象に左右されることが減っていき、

自分にとって、望ましいあらわれが増えていくケースのほうがずっと多いです。

そちらの方面に結びついていくことがほとんどなので、あまり気にしなくて大丈夫だと思いますし、仮に、見えてしまうことがあっても、

自分も、肉体をもっている霊なのだと理解していけば、

そういう現象を怖れる気持ちも薄れていくものだと思いますし、

どちらにしても大丈夫ですね。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。

スピリチュアル全般直感、霊感、霊能力
スポンサーリンク
記事を書いている人
リカコ

スピリチュアルなブログを書きつづけて11年になります。記事数は1700以上、1日あたり7000~8000PVくらい読まれています。インスタグラムをはじめてみました。

リカコをフォローする
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました