スピリチュアル全般

スピリチュアル全般

自分が決めて、生まれてくるしくみ。

人がこの世に生まれてくるときには、たましいのレベルでは「このような経験をしよう」「この部分をいかす学びをしよう」というふうに、 自分が「決めて」生まれてくると、スピリチュアリズムではそのように表現されていることが多いです。 この場合の「決める」とは、何の枠組み...
0
スピリチュアル全般

子どもの頃のようすに、自分の本質があらわれている。

人の性質は「たましいの領域から備えてきた先天的なもの」と、「生まれてから後の環境や経験からつくられる後天的なもの」との、両方が関連しています。 たましいの領域から備えてきた要素については、子どもの頃のようすを思い出してみるとわかりやすいです。その時期のあらわれはシンプルなも...
0
スピリチュアル全般

感動、行動、運動で、エネルギーの動きを「大きく」する。

エネルギーを動かしていくと、そこには「活気」が生じます。 自分の内側からやる気が持ち上がり、いきいきとした躍動感の印象を周囲にも与え、エネルギーの量も増えていくようになります。 すべての行いが、エネルギーの動きとなりますが、「エネルギーを大きく動かす」なら、「感動」「...
0
スピリチュアル全般

敏感な人が、緊張から解放されるためには。

体感覚が敏感な人は、エネルギーを感じるときに、ダイレクトに「自分の肉体への反応」が起こるので、構えてしまって緊張しやすく、とても疲れやすいです。 何もないときでも、「また、ああいう反応が起こったら嫌だな」と思ってしまえば気力を消耗しますし、構えてしまうと体に力が入ります。 ...
0
スピリチュアル全般

時間の使い方。

この世には「時間」というしくみがあるので、すべてのものは変化していきます。人も、物も、出来事も、何かしらの「動き」をともなって、この世に存在しています。 たとえば、朝になって夜がくるという一日の変化、季節がめぐってゆく一年という変化、さまざまな変化がくり返されることで、世の...
0
スピリチュアル全般

体を動かすことは、インスピレーションの解釈を助けることになる。

アイデアがたくさんひらめく人や、インスピレーションをうけやすい人は、オーラの形状が特徴的で、アンテナが伸びるかのように「上部に伸びている」形状になっています。 ひらめきが「おりてくる」という表現を使うことがありますけれど、たしかに、オーラの形状からも、そうした着想やインスピ...
0
スピリチュアル全般

言葉というエネルギーを、扱う。

言葉には、それぞれ「あらわす意味」がありますよね。 別の表現をすると、それが「言葉のエネルギ-」とも言えるでしょう。 私たちが、日常の生活の中で、言葉を書いたり、伝えたり、話したりする「行い」は、呼吸や瞬きと同じくらいに、ごく自然になされる動作ですが、 ...
0
スピリチュアル全般

日常の中に、スピリチュアルが含まれている。

スピリチュアルな知識と、はじめて遭遇してからしばらくの間は、今までの感覚や考え方と違う世界が広がっていくような、ちょっとした高揚感とともに、 「非日常」的な感覚で、それらをとらえていくこととなるでしょう。 しかし、そういう感覚で過ごしていくのも、数年くらいでし...
0
スピリチュアル全般

片付いているのに、散らかっているような感覚になるときは。

この世にあるものはすべて、人にも、物にも、できごとにも、固有のエネルギーがあり、お互いに影響を与え合っています。 色にもエネルギーがあり、普段から、よく身につける色や、よく目にする色のエネルギーを、いただいていることは多々あります。 先日のあるセッションで、「...
0
スピリチュアル全般

色のエネルギーで、元気に。

色とは、エネルギーそのものです。 特定の色をみると、元気になったり、落ち着いたりすることがあるのは、思い込みではなく、色のエネルギーによる作用は実際にあります。 疲れているときや、やる気がいまひとつ持ち上がらないときなどは、 明るさや活力をイメージさせる...
4
スポンサーリンク