オーラが整うと、スピリチュアルなセンスも磨かれる。

スピリチュアルなセンスを発揮するための「装置」となるのは、エネルギーの送受信器である「オーラ」です。

オーラのようすは自分自身の反映なので、自分が成長していくことで、オーラのようすも浄化され整っていきますから、スピリチュアルなセンスの発揮も、より度合いが大きくなったり、あらわれが洗練されたりしていきます。

幻想的な世界の女王

自分の成長というのは、毎日少しずつなされるもので、昨日と今日、今日と明日の違いは小さいため自分では認識するのが難しいものです。

同じように、スピリチュアルなセンスも、磨かれて洗練されていったとしても、そのことを自分では認識するのが難しいということになります。

ですが、ちゃんと伸びていくものです。

オーラが整っていき、オーラの受発信装置としての働きが洗練されると、スピリチュアルなセンスがより発揮されている状態が「自然」で「普通」になるので、自分では認識しにくいだけなのです。

コメント