恋愛をする機会は、人として大きく成長する機会にもなる。

多くの人に当てはまることですが、日常のあらゆる場面でごく普通に「自分の考え方が正しい」「自分のこれまでのやり方が、もっとも自分にあっている」と考えるものです。だから「自分はこれでいい」という結論になります。

自分にあっていて、自分はこれでいいと思っていることは、なかなか「変えようとしない」し「変えられない」ものです。

しかし、あるきっかけで、肯定し続けてきた「これでいい」が唐突に揺らいできて、「もっと別の価値あるものが存在する」と思ったり、「自分をさらに成長させていきたい」と思ったりすることがあります。

それが「恋愛感情をもったとき」です。

バイオリンを手にして考える女性

特に、自分とまったく違うタイプの人に好意をもったときには、この振り幅が大きくなります。迷うとか、揺らぐとかの範囲をこえて、自分のこれまでのやり方を疑うくらいのインパクトが与えられます。

恋愛感情をもつとは「相手をいいと思うこと」なので、自分の中にはない、これまでの自分のやり方と違うものを、認めることになりますね。

それまで正しいと思ってきた「自分はこれがいいという基準」がぐらぐらと揺り動かされることになって、相手に好意を抱くことが、そのまま「これまでの自分」を見つめ直すことにつながるのです。

人が大きく成長する時期の少し前には、

不思議と、これまでなんとも思っていなかった相手に恋愛感情をもつようになったり、恋愛対象となりそうな相手がいきなりあらわれたりすることがあります。

偶然なのか、必然なのか。これは本当に不思議なものです。

恋愛感情をもつことで、自分と違う相手を肯定して、自分自身をこれまでと違う角度からも見つめることとなり、

恋愛をする機会は、人として大きく成長する機会にもなっています。

コメント