与えられた「分」というもの。

天分とか、分相応という言葉につかわれる「分」とは、与えられた部分とか、わけまえとか、なすべきつとめ、などの意味をもちます。

この世の人生とは、「与えられた「分」を生きる時間」でもありますね。

備えてきた性質や能力を発揮して、なすべきことをしていき、「分」を生きるようになっている。

日常の中で、「こんなことをするのは面倒だな」とか、「いつまで、同じ状況が続いてしまうのだろう」と嫌になることはたくさんあるけれど、それが、与えられた「分」と考えれば、認識は変わっていくのではないでしょうか。

やるべきことは、やるようになっていて、

なすべきつとめは、はたすようになっている、

そうして、「自分」という人生の時間が構成されていると、とらえていけば、

やるべきことは、「やろう」と思え、

なすべきつとめは、「はたしていこう」と、

意欲的な姿勢で、与えられた分を生きることが、できるようになると思います。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加