本心と違う言動をとっていることが、オーラの動きにあらわれる。

目の前にいる相手が、本心とは違う言動をとっているときに、なんとなくそれがわかることがありますよね。「きっと周囲にあわせて話しているだけで、本音は別のところにあるのだろうなあ」と雰囲気から伝わるようなことが。

こうした把握は、相手のオーラの動きから感じとっていると考えられます。

うつむく金髪の少女

近い距離にいる相手とは、お互いのオーラが重なり合っています。オーラは、その人自身のあらわすエネルギーであると同時に、エネルギーを伝える送受信機なので、一方のオーラの動きは、もう一方のオーラにつたわります。

本心をいっていないときのオーラは、「その人らしくないエネルギーの振動を伴った動き」になります。エネルギーを感じる場合、調和しているようすは違和感がないのでわかりにくく、不調和のようすは違和感があるのでわかりやすいです。

いつものその人の雰囲気と、違う感じ、

さっきまでのその人が放つものと、違う感じ、

というものが、なんとなくオーラに伝わってくるのだと思われます。

こうしたようすは、自分も熱心に会話しているときは気づきにくいです。自分のオーラの動きが大きくなると、(微妙な差異を感じ分けるような)受けとるモード&感じとるモードになりにくいからです。相手の話を、自分は一歩ひいた立ち位置で聞いているようなシチュエーションのときに、ふっと伝わってくる場合が多いですね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント