新たなエネルギーを、お互いに分け合える人間関係。

人との関わりとは、オーラ同士の関わりとなります。

お互いのオーラが重なって「影響を与えあう」ことになりますし、

お互いのオーラの関わりによって生じる「新たなエネルギーを、お互いに分け合う」こともあります。

人間関係とは、何かしらの現実的な目的があって関わりをもつものですよね。

それと並行するように、エネルギーレベルでの動きが、いろいろ起こっていて、

知らないところで?助け合っていたり、支え合っていたりするものなのが、面白くもあり、不思議でもありますね。

エネルギーの作用は、「お互いに影響を与え合う」という形と、「新たに生じるものを分け合う」という形とがあります。

「自分」と「山田さん」がいるとして。

自分のオーラが、山田さんのオーラに少し加わり、

山田さんのオーラが、自分のオーラに少し加わる、

これは、とてもわかりやすい、ごく一般的なエネルギーの動きですね。お互いのエネルギーが、相手へ移っていくという。

こうした動きは、あらゆる人間関係で起こります。

もうひとつのパターン、新たに生じるものを分け合うというのは、

「自分のオーラ」×「山田さんのオーラ」という、別々のものが掛け算となり、新たなエネルギーが生じることがあって、

それを、お互いがわけあうこととなれば、二人とも、エネルギーが増えることになります。

お互いのもつエネルギーが、いい形で「調和」すると、そうした作用が起こることがあって、どちらもコンディションが整ったり、癒されたり、力を得られたりして、「お互いがプラスになる」のです。

お互いが上り調子で「波に乗っている」時期には、起こりやすいです。

お互いに「尊敬や好感をもっている」人同士の間にも、起こりやすいです。

けれど、「真逆の性質をしていて、まったく気があわないような人同士」でも、違いがちょうどいい刺激となって、相乗効果が生まれることもあります。

つまり、そうしたプラスの作用は、あらゆる人間関係から作られるもので、

たくさんの人と関わっていくことは、現実的な意味でも、エネルギーレベルでも、学びになり、力になるものだということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました