悪夢をみるのは、過去の感情の「デトックス」という場合もあります。

睡眠は、スピリチュアルな行為でもあり、眠りの質や、眠ている間にみる夢に、スピリチュアルな要素が関連していることが結構あります。

夢の内容にメッセージ性が含まれていたり、未来のできごとが示唆されていたりすることはよく知られていますし、実際に経験したという方も少なくないでしょう。

そうなると、良いものに思えない夢をみたときにも、この夢にも未来の示唆が・・・?と気になってしまうけれど、むしろ「良い作用」として起こっているケースもあります。

大木の根元で眠る女性

悪夢を見たときに「悪いことが起こる前ぶれでは?」と心配になるのは、夢を通して「受けとっている」可能性を考えるからですよね。自分が大変になる未来を、予知夢として見てしまったのではと思うから不安になります。

しかし、逆に「排出行為としてみる夢」もあるのです

自分の中にある過去の記憶や感情など、不要なエネルギーを排出していくときに、そのことを反映した夢を見てしまうことがあります。

通常、エネルギーは、オーラを通してやりとりがなされて、必要なものを受けとり、不要なものは出ていくようになっているので、わざわざ「夢をみることで排出」しなくても、不要なものは外へでていきます。

ところが、そのことで焦ったり、傷ついたりしたことを認めたくないという、自分的に「なかったことにした感情」などは、スムーズに排出されず、オーラの中に長くとどまってしまうことがあります。もつれたエネルギーは、流れていかないものなのです。

それでも、相応の時間がたって気持ちも落ち着き、自分が成長して関心の対象が変わっていくなどすれば、過去のいろいろを認めていける余裕がでてきます。

そうすると、少しずつエネルギーのデトックスが起こります。

こだわっていたものへのこだわりが薄れたり、必要がないのに手放せなかったモノを処分できるようになったりする「解放する」行為のひとつとして、「夢をみることで排出」が起こるのです。

そういう夢は、ピンチになるシチュエーションが多くなります。「なかったことにしたい」くらいですから、うわー、夢でよかった。。。という印象の内容になります。

また、過去の(感情を味わった)経験からは時間が経っているので、今の自分からすると「唐突」に感じるでしょうね。どうして今こういう夢をみるのかわからない、わからないから不安になり、深読みして複雑に考えてしまうけれど、

ただの「排出作業」ですから。

これまで手放せなかった(そうして同じことにならないように備えていた等の)不安を、持ち続けなくても大丈夫になったときに、少しずつ排出作業がなされるので、

大きく成長していく節目の時期に、こういうことが起こりやすいです。

コメント

  1. 明太子 より:

    ここ最近、夢で何故か
    昔関わりがあった人たち(今は接点ない)がやたら出てくるんですけど、
    これもデトックスでしょうか??

    仕事がほぼテレワークになったから、
    良い機会だと思って
    ライフスタイルも見直し始めたところなので
    もしかしたらと思いました^_^

    • リカコリカコ より:

      明太子さま
      過去に関わりがある人が、夢の登場人物としてでてきて、
      夢の内容が(この記事にあるような)自分がピンチになるとか、何かしっくりこない違和感がある内容でしたら、

      過去の経験や感情を、棚卸していて、
      不要なものを排出しているのかもしれませんね!