スピリチュアルなセンスは、4種類にわけて解釈をしています。

スピリチュアリズムでは、人は「肉体をもっている霊的な存在」という考え方をとっていきます。人は霊なので、すべての人に霊感=スピリチュアルなセンスが備わっていることになります。

センスの備わり方は、大きくわけると「3種類」または「4種類」になり、

私は、4種類にわける考え方を採用しています。

4人の少女

私が知る限りでは、外国のスピリチュアルな書籍などでは「霊視」「霊聴」「霊感」として、3種類にわけているケースが多いかなと思います。このときの霊感とは、霊視でも、霊聴でもない、それ以外の霊感というくくりになっているようです。

代表的なあらわれとして、霊視、霊聴がツートップにくるのは、わかりますよね。けれど、それ以外をすべてひとまとめにするのは、ちょっと大雑把すぎるわけ方のように思うので、

私は、その他霊感を「体感する」「直感する」という二つにわけて、4種類としてとらえる形式を採用しています。

体感するとは、びりっとしびれるような感覚があるとか、熱さなどの温度が感じられるとかの、何らかの体感覚の反応をともなう把握の仕方で、

直感するとは、根拠なくそうだと「わかる」、そうであることを「知っている」という、自分の内側で受信や解釈が起こる把握の仕方です。

この2つは、霊視でも、霊聴でもない、という共通点はあるけれど、

対応するチャクラもそれぞれ違い、

ひとまとめにするより、それぞれを別でとらえるほうが、自分のセンスに気づきやすかったり、いかしやすかったりすると思うので、

見える、聞こえる、体感する、直感する、の4種類とした解釈で、このブログを書き進めています。セッション時の言葉の使い方も同様です。

コメント