守護霊同士で、導きをする際の意見が食い違うことはある?

すべての人に、この人生を霊的な観点から見守り導く役割の「守護霊」という存在がいます。守護霊は、複数いらっしゃるのが一般的です。その人が自分らしい才能を発揮して活動していくことをサポートする役割でもあるので、多趣味だったり、幅広い活動をしている人ほど、たくさんの守護霊がいらっしゃることが多いようです。

4人の少女

先日のセッションで、このようなご質問をいただきました。「複数の守護霊たちの間で、導きをしようとする方向が違ったり、意見が一致しなかったりすることはあり得るのか?」と。

それぞれの霊によって、得意分野が違っていたり、サポートを担当する範囲がある程度、決まっていたりはあるかもしれませんが、それでも、導きをしようとする方向性が変わってしまうほどの違いは「ない」と、私はこれまでの経験からそう思います。

自分と守護霊は、グループソウルという「たましいの大元」がつながっているとても近い関係であるように、守護霊同士もまたグループソウルのつながりで、

備えているものも、たましいが目指すものも、

共通要素が多い関係になるので、

たましいの目指すものに基づいて、必要な導きが行われていると考えれば、複数の守護霊が行う導きの方向性は、自然に揃っていくのだろうと思います。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント