やわらかいオーラは、受けとるものが増える。

オーラには、エネルギーの送受信機としての働きがあります。「やわからいオーラ」になっていれば、外のエネルギーをたくさん受けとることができ、豊かになり充実します。逆に「かたいオーラ」になっていると、外からのエネルギーをはじいてしまい受けとることができません。

外からのエネルギーをとりこめる、やわらかいオーラになっている状態が望ましいです。そういう自分でいられるようにしましょう。

花と少女

オーラのようすは、自分自身の反映です。

たとえば、新しいものを受け入れて、変化を恐れずに楽しむようにすることや、他人との関係をつくっていったり、新しい環境に入っていったりする前向きな姿勢になっていけば、オーラにいきいきとした活気があらわれ、固さがなくなります。

自分や、他人や、ものごとの動きを「否定せず」に「信じて」いられたら、構えることなく、疑わずにいられるという「余裕」となり、やわらかさがあらわれるのです。

そうなれば、オーラがもつ受信機としての働きが(さえぎるものがないので)最大限になり、役立つ情報や機会やご縁や、必要なモノなどが、集まってくるようになります。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント