オーラのようすは、変化していくもの。

オーラの「明るさ」や「輝き」の度合いは、その時々で変化していく「状態」のあらわれで、誰もが上がったり下がったりするものです。

オーラのようすとは、自分自身のようすの反映ですから、自分のコンディションが上下していけば、それに伴ってオーラのようすも上下します。

ずっと明るい状態でいられるのが望ましく、そうでない状態が悪いことのようにイメージしてしまいがちですが、

よい状態でいられるときもあれば、下がった状態になってしまうこともあるという、動きがついていることが「自然な状態」です。

この世には、時間という「変化するしくみ」があるからです。

雲の中を飛んでいく少女の幻想的なイメージ

オーラのようすは、固定されない変化がある。

オーラの状態が上がったり下がったりすることは「朝がやってきて、また夜になる」ことや「季節が順番にめぐっていく」ことのような、規則性のある変化です。

明るいオーラでいられるときもあれば、少しくすんだオーラになってしまうこともある、そうした上がり下がりをくり返すのは「自然なこと」であり「普通のこと」です。

常に変化していて、固定されていないからこそ、向上、成長という動きをあらわしていくこともできるのです。

自分のベストの状態を、体現できるときばかりではないけれど、

そうした変化がなされることが、生きているということなのでしょう。

上がったり下がったりをくり返しながら、全体的には「成長という向上」をとげているのだと思います。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント