他人の意見を、どこまでとりいれるか。

自分を分析するときや、行動しようとすることの判断基準がほしいときなどに、第三者からの意見を参考にすることは役立ちます。

しかし、自分の意見と他人の意見が一致するなら、「やっぱり、これでいいんだ」と思いを強くする力となるけれど、そうではない場合もあり、どこまで他人の意見をとりいれたらいいのかは、基準が難しいですよね。

古代中国の女性イラスト

まず基本として考えておくべきことは、「他人からの意見は、きちんと考えこまれたものとは限らず、適当で無責任なものも少なくない」ということです。何か役立つキラリとしたものがあればラッキー、そうでなくても普通というくらいの、期待しすぎない受け止め方がいいと思います。

役立つ意見をもらえそうな、相手を選んで聞くことも大事です。なんでも肯定して賛成する人や、逆になんでも否定して反対する人からの意見は、かえってくる答えはもう決まっているのですから、さほど参考にはなりませんよね。知りたい分野の経験や知識をもっている人や、考え方が鋭い人の意見なら、比較対象として役立つでしょう。

そして、最終的な判断は「自分」だという軸がぶれないようにしましょう。どんなに信頼できる相手(からの意見)でも、その事柄の当事者は自分であり、相手ではないので、自分が納得できる選択をしていきましょう!

コメント