引きあう要素が薄れていくと、人間関係も変わっていく。

人間関係全般の関わりやつながりには、同じ要素を持つもの同士が引き合うという「波長の法則」が大きく関連します。

同じ要素をもつもの同士が引きあうということは、逆にいえば、同じ要素をもたないならば引きあうことがありません。

このしくみは、新しく知り合う機会においても、既に作られている関係においても作用しますので、たとえば「以前は共通要素から関係がつくられていたが、今は共通要素が薄れていき、関係も遠くなる」ことが起こり得るのです。

時間とともに、関係も変化する。

たとえば「以前はもっと頻繁にやりとりをしていたのに、近頃はそこまでの関係ではなくなってきた」とか、「以前は意気投合していたが、近頃は意見が合わなくなってきたな」と思う関係は、

自分か、相手か、または両方の変化によって、引きあう共通要素が薄れてきたためかもしれません。

関係がこじれるようなトラブルや問題がなくても、つながりが薄れたり遠ざかったりすることはあるものです。

以前のような距離感や親しさと比較すると、変化した関係になんともいえない寂しさはでてきてしまうけれど、自分も含めて誰もが皆、成長という変化をしていきます。

それに、この世には「時間」という変化のしくみがありますから、同じところに留まり続けることができません。

お互いに、何も問題などはなくても、ときにそういう変化も起こり得るのだと、受けとめていくことが必要ですね。

ちょっと寂しいかもしれませんが、お互いが成長したととらえていき、変化によって(引きあうものが変わり)つくられる、新たな要素との関わりに意識を向けていくことも大事だと思います。

そして、一度薄れた関係が未来のどこかでまた関わりがつくられることもあるので、疎遠になった状態もまた(変化しますから)ずっと続くとも限らないと考えれば少し、気持ちが楽になりますね。

再びのつながりがつくられる場合も。

人との関わりの縁とは不思議なもので、過去にとても大きくこじれてしまった関係でも、しばらく時間が経つことで、再びのつながりがつくられることはありえます。

大きくこじれた関係でもそうなることがあるのですから、トラブルも問題もないまま疎遠になっただけなら、少しのきっかけでよりスムーズに再びのつながりに結びつくこともあるでしょう。

そうなるか、そうはならいか。そこは自分の意思だけではない他の要素もいろいろ関係してきますから(お互いの学びの必要性など)、いつかそういう未来があればいいというくらいの思い入れで、

不安になったり、寂しくなったりする気持ちからは抜けだし「お互いにとって必要な学びを重ねて人生は進んでいくようになっている」ことを信じて、委ねていけばいいのだと思います。

コメント