オーラの色の「比率」は、入れ替わることがよくありいます。

オレンジの光をまとう女性

性格や性質をあらわすオーラの色は、人によりますがだいたい2~3色あるのが一般的です。もう少し多い人もいます。人の性質は複雑で多面性がありますから、(そのあらわれである)オーラの色が1色だけというケースはまずないです。

性格や性質をあらわす色は、成長により変化はしますが、今日は赤、明日は青というように、コロコロ変わったりはしません。今日は楽観的な性格の人が、明日は神経質で細かい人になったりしないからです。

ですが、備えている色のうち「どの色の比率が高いか」は、結構変わることがありますね。その時点でたくさん発揮されている性質の色が優先してくるので、比率の順位が入れ替わることはよくあります。

そのときどきで、環境や立場によって必要とされる要素がかわってくることもあるでしょうし、ある特定の要素が経験から磨かれていき、その人らしさとして定着してきたりすることで、こうした変化が起こるようです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント