似たようなオーラ同士の、人間関係は。

オーラの色味が似ている人同士は、ものごとの考え方や判断の基準などが似ているので、あまり揉め事や対立にならずに、わかりあえることが多くなります。「こういうときはこうする」という思考と行動のパターンが近いからです。けれど、対立にならない代わりに、新しい刺激を与えあう形にもなりにくいという特徴がみられます。

民族衣装の女性二人

お互いにわかりあえるので「よい理解者にはなれる」けれど、ある想定内の枠をでないというか、それ以上のプラスアルファを与えあう関係はつくられにくいので、同じオーラの人同士だけで固まっていると「落ち着きすぎてしまう」ことが多いかもしれませんね。

似たようなオーラの人同士は、横並び的に「安定と安心という力を与えあう」関係になりますから、これはこれで大事にしつつ、それとは別に、自分を上にひっぱりあげてくれるような刺激を与えてくれる関係があると、とてもいいバランスになると思います。

コメント