守護霊と自分との間にあるのは、たましいの繋がりです。

守護霊と自分の間には「たましいのつながり」があります。これは、自分がこの世に生まれてくる以前から存在している、強固な結びつきです。

たましいのつながりは、(この世に生まれた後の)現実での、ちょっとした出来事や感情などによって、結びつきがかわったり切れたりするものではありません。

空をみあげる女性

この世にやってきてから、この世の事情で、ご縁がつくられる人間関係とは違い、うまれる以前から「既にある」のが守護霊との関係なので、

たとえば、守護霊が自分にあきれて、会社の同僚の守護霊になることはないし、友達の守護霊が友達を見限り、自分を気に入ってこちらに加わる、などということもありません。

守護霊になるのは、霊的に「進化・向上」している存在なので、そうした現実的な事情や感情で、あちらにいったり、こちらにいったりと、定まらない動きをしたりはしないのです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント