守護霊は、才能の発揮をサポートしてくれています

守護霊が行う役割のひとつに、その人が「仕事や趣味などをで才能を発揮する」ことのサポートがあります。

そのために必要な機会や人間関係がめぐる調整をしてくれたり、守護霊自身がその人のやろうとしていることに向いた性質を有していて、才能の発揮そのものを助けていることもあるようです。

積んだ本の上にのる妖精

守護霊と自分は、たましいの繋がりがあり「自分同士ともいえるくらいの深い関係」なので、得意なことや関心をもつ事柄自体が似ているケースは多いです。

一例をあげると、仕事で「文章を書く」「説明する」機会が多い人には母国語がそろっている守護霊がいて(たとえば日本人は日本人、アメリカ人に英国人など)「言葉」が引き出されることを助けていると感じることがよくありますし、

デザインの仕事をしていたり、創作系の趣味をもっている方には、何らかの芸術活動を職業にしていた守護霊がついている場合もかなり多くみられます。こちらは言葉は関係がないので、シンプルに「センス」の共通点がある守護霊がサポートをしているようですね。

★記事が役立ちましたら「ブログランキング」投票をお願いします!
人気ブログランキング
人気ブログランキングでフォロー

守護霊
スポンサーリンク
シェアする
スピリチュアル ティーチング

コメント