オーラの中にあらわれる情報を読みとる、という手法でセッションをしています。

私が行っているリーディング手法はいろいろありますが、中心となっているのは「オーラそのもののあらわれを透視する」のと「オーラにあらわれる情報をエネルギーとして読みとる」ことです。

オーラにあらわれる「情報」を「エネルギーとして読みとる」解釈は、画像や映像を見るのとは違いもっと抽象的で幅が広いので、現実のどの事柄と結びつけてリーディングをするかが難しいところです。

エンジェル

先日このようなことがありました。転職をするかどうかのご相談で、既に別の会社から話がある状態だと。もしもこちらに転職したら・・・という仮定でリーディングをしてみると「本人と会社との間に物理的に距離が開く」と伝わりました。

そちらの会社は今より遠くなりそうか?をお聞きしてみたところ、リモートワークになる予定とのことでした。ということはこの「距離が開く」のは通勤距離ではなくリモートワークという作業形態が伝わってきたのだと思います。

・・・というようにエネルギーを読みとるのは幅があり、ずばりの答えがわかるということではないんですよね(>_<)。お話をしながら、伝わってきたことと現実とをすり合わせていくことでより具体的になっていきます。

こうした解釈のためには、私自身も、世の中の情勢、今の時代のビジネスパーソンが置かれている状況など知識をつけておく必要があるので、いろいろな形で情報をいれたり本を読んだりしています。そうして世の中の動きについていかないことには、リーディングしたエネルギーをうまく解釈しきれないからです。

オーラに含まれる情報を読みとることは、波長を読みとるという霊能力があることで可能になりますが、読みとったものを役立つ形でお伝えするには、霊能力だけではできないので、私も日々「解釈の力」を上げていくために、社会の動きについていくように頑張っています。でも本当に世の中の動きが早すぎて、ついていくのは大変です(>_<)。

0

コメント