「見える」ものが、映る場所。

霊視した「ようす」は、具体的に「どこ」で見えるのかとご質問をいただくことがあります。

霊視そのものは、いわゆる「第三の目」とか言われる場所で見ているのだろうと思いますが、見えるものが、映る場所はまた別です。

私の場合は、いくつかのパターンがあります。

そのうちのひとつに、「ご相談者さんの、オーラをスクリーンにして見える」という形があります。

これは、当事者が目の前にいることが必要であり、また、その人がいる位置や背景(に、見える映像が干渉されないこと)が関連してくるので、状況によります。

その次は、「自分の後頭部の内側」に、スクリーンのように見えたり、または、「額の上のほう(外側)」に見えたりしますね。額の上のほうの見え方は、「想像する」ときのイメージと、ちょっと似ています。

スカイプや電話でのリーディングでは、ご相談者さんが目の前にいませんので、写真を通して、自分の後頭部で見ていることが多いかなと思います。

思います。という表現は、そのときどこで見ているかという点を、あまり意識せずに行っていて、そして、セッション中の意識の領域は,普段とちょっと違うため、記憶に残りにくいものなので、改めて考えてみると把握が難しいです、笑。

あとは、「まぶたのフチの裏?」に、見えることもあります。ここもスクリーンになってようすが映ります。えっ、そんな狭いところに?と思うでしょうけれども、霊的な視野の空間は、物理的な(まぶたという狭い)範囲に限定されない、というところでしょうか。たぶん。

まぶたのフチの裏あたりで見えるときは、ほぼ、白黒で見えるのが不思議なところです。

これは、あくまで「私の場合」です。

他の霊視者の見え方は、まったく違うかもしれませんし、もっといろいろバリエーションがあるかもしれません(^o^)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました