未来を見据えて、テクノロジーの進化についていくことは大事です。

今年になってからのセッションを通して、東京や大阪の大都市では本当にリモートワークが増えているんだなあと実感します。以前からご利用をいただいているお客様で「勤務先は変わらず、仕事形態だけが変わった」方が結構いらっしゃいます。

黒い天使の羽根をつけた女性

今日、Kさんからいただいたご相談も、リモートになると上司と直接会わないため指示の伝達がスムーズでなかったり、周囲の他の人たちの作業がわからなかったりで、リモート特有の難しさがあるとのことでした。

確かに、お互いに顔を合わせていれば何のことはないちょっとした意思の疎通や、周囲のようすが自然に目に入ってきてわかっていたことが、リモートになると状況も感覚も変わってしまいますよね。

他にもかなりの方から勤務形態がリモートになり、メリットもあるけれど不安もあるというご相談も多くいただきます。周囲に人がいないと部課内での自分の立ち位置がわからなくなりますし、これまでとは別の難しさがいろいろでてくるようです。

コロナによって思わぬ速さで導入されていったリモートワークという形態が、このまま根づくことになるのか、それとも一時的なものとなるのかはわかりませんが、、、いずれにしても仕事の仕方にバリエーションが出てきて、状況が大きく変わってきています。

このような事例を見聞きするとますます、どのような職種であっても、これから先を長い目で見据えたときにインターネットをはじめとしたテクノロジーの進化についていくことは大事だと感じます。

私は自分のお客様たちから仕事の相談をいただく場合に、未来を見据えて可能性を広げるためにインターネット関係の作業に普段から慣れておくことは役立つので心掛けて!・・・と言い続けてきたわりに、私自身はLINEすら使っていない人なので(>_<)、私もここから意識を変えて使っていこうと思います。たぶん、今年中くらいには。。。

0

コメント