会社員であっても、個人の力をいかして働く時代になる。

日々いただく相談内容から思うことですが、最近は40代以上の転職が「普通」になってきていることを実感します。終身雇用制度は衰退しつつあるところに、コロナで業績が悪化した影響を受けてしまうなど、本人の希望とは別のところで転職を考えなければならないケースがとても増えている印象です。

花瓶に青い花

今の時代はテクノロジーの発達により、ものごとが変化していくスピードが速いので、雇用されている立場の人たちもこれまでのように「ひとつの会社」「ひとつの職種」のまま定年まで働く形態が保たれていくのは、難しくなるかもしれません。

社会に出てから定年までの間に、会社をかわったり、担当する職種をかわったりすることも、それも一回だけでなく複数回そういう場面を経験する可能性が「誰にもありうる」前提で考えておくといいと思います。

そういう経験をすることが、あるかもしれないし、ないかもしれないけれど、どちらにしても「これまでの経験から身についたスキルなどを棚卸し」しておくと役立ちます。

自営業として働いている人だけでなく、会社に雇われて働いている人も、これからは「個人の力をいかす」という姿勢でいることは大事になってくると思います。

普段からそういう意識をもっていくと、仮に同じ会社の同じ職種で働きつづけることになるとしても、自分について知っておくことは、力を発揮することを助けるでしょう。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

仕事
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント