憑依の影響でみてしまう夢は、意味を紐解く必要はない。

眠っている間の意識は「あちらの世界の波長」に近くなるしくみがあり、意識があちらの世界に同調して、霊的な要素のある夢(メッセージ性があるとか、予知夢的なものとか)をみることがあります。こういう夢をみるとしたら、深い眠りについているとか、あちらの世界からの働きかけが強くあるとか、その他いくつかの条件が揃っている必要があります。

霊感が強めで、特に「見るセンス」に優れている人が、眠っているときの夢で霊的な現象に遭遇しやすいようです。これも「霊的に見る」あらわれのひとつだからです。

雲の中にいる少女と蝶。

しかしこういう夢は、メッセージ性のある役立つものばかりではなく、たとえば自分の波長が下がっていて憑依現象が起こっているときにも、そのことを夢の中に反映させてみてしまうことがあります。

憑依霊の波長に同調した状態で見る夢なので、自分に役立つメッセージ性などはありません。霊的な要素はありそうな感じだけれども(霊感が強い人はそういう感じがなんとなくわかるものです)、何かちょっと調子が狂うような、、、変なカンジがする夢で、自分がピンチに追い込まれる場面になるけれど、しかしそれは本来の自分の性格や性質をあまり反映していないような……??と、よくわからない上に疲弊する内容になりがちです。

こういうときは、夢の内容を紐解こうとしても意味がないので、深く考えずに、自分がやるべきことをしてコンディションを立て直し、明るい方向に切り替えていくのがいいでしょう。

+2

コメント