すべての人から好かれることも、嫌われないことも難しい。

どのように力を尽くしたとしても、すべての人から好かれるのは不可能です。このことは多くの人が経験からわかっていると思います。

そして、すべての人から嫌われないようにするのも不可能です。なんとなく、こちらは自分が意識して配慮すればできるような気がしてしまいますが、価値観の違う人同士が関わっていけば、一部の人からは嫌われることもあります。何も悪くなくても、間違っていなくても、人の感情とは(お互いに)勝手なものですからね。

川岸にたたずむ少女

女性の人間関係は、共感でつながることが多いので「好かれたいとまでは思わないけれど、嫌われないようにはしたい」という意識がつねにどこかにあって。

なるべく前にでないように、控えめにしておけば嫌われることはないだろうと、意識的にも無意識的にもそういう考え方になってしまい、力を出し切らないことが習慣になっている人が少なくないと感じます。

でも、どれほど模範的になったとしても、控えめで無難にいようとしても「全員からは好かれないし、全員から嫌われないことも難しい」のですから、もうちょっと緩く考えて、自由に、自分らしさを出していってもいいのではないかなと思います。

嫌われるかもというのは怖いけれど、どちらにしても多少のそれは避けられないのだから、そういうものだと受けとめて、自分らしく進んでいきましょう。

コメント