ペースが合わないとは、備えている波長の違いから生じる感覚。

「あの人とは、どうも行動のペースがかみ合わない」とか、「あの環境では、自分のペースが乱されて疲れる」という表現で、物事の進め方や、認識や解釈などの、速度の違いをあらわすことがあります。

あるひとつの出来事に対しての印象ではなく、その相手のなすこと全体への印象として、「あの人とペースが合わない」と感じるときは、

お互いがもつ、エネルギーの振動数の、開きが大きいのだと思います。

人にも物にも、それぞれ固有のエネルギーがあり、備わっている幅で動いています。

スピリチュアルな観点から、そうしたエネルギーの動きをあらわすときに「波長」または「波動」という言葉が使われることがあります。

それぞれ固有のエネルギーですから、人間関係において、相手のそれは、自分にとっては、いつもと違うエネルギ-(の振動)にふれる機会となります。

自分のもっている振動よりも、少しだけ違う相手の振動は、「普段と違う刺激が面白い」とか、「新鮮に思えて心地よい」となるのですが、

大きく違う相手の振動は、「何か違う」「不安定感を覚える」という感覚になることがあります。

いつもの自分と違う振動で揺り動かされる状態が長く続けば、「不快」になっていくことも多いです。

ペースが合わないと感じる相手とは、お互いが放っている波長に、かなりの開きがあるのでしょうね。

どちらが正しいとか、相手が悪いとかではなくて、ただ「開きの度合いが大きすぎる」のだと思います。

自分の本来の振動と、違うところを動かされることになれば、疲れる、という感覚よりは、「相手によって、疲れさせられている」という感覚になってしまい、

相手に対して、イライラしたり、怒りがでたりすることもあるかもしれませんが、

これは、お互いの持っている振動の違いなのだと理解すれば、疲れはかわらなくても、気持ちは静まります。

状況は何もかわらなくても、気持ちの上でちょっと距離を置けるためか、自分のペースをまもりやすくなることが多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました