オーラには、新しい可能性が「明度の高い光」としてあらわれる

オーラとは、その人自身を映し出すエネルギーの鏡のようなもので、オーラを見るとその人の「本質的な要素」「そのときの状態」「未来の可能性」などがある程度はわかります。

ほぼリアルタイムで反映しますが、若干「オーラのほうがあらわれが早い」んですよね。これちょっと不思議に感じるかもしれませんが、エネルギーが先なのです。このしくみがあるので、オーラから未来の可能性が読みとれます。

幻想的な空間にたつ少女

これから直近の未来で、新しい何かが開かれていく可能性があるときは、

オーラにもそのことを示す「光」があらわれます。

たとえば「ある特定の部分だけが際立って輝いている」とか「線のように光がしゅーっとあらわれている」とか。オーラも光のようなものですけれど、それよりも明度がひとつ上の光がほんの少しあらわれます。

この段階だと、まだ具体的な事象となるかは未知数の「可能性の気配」という感じですね。そのくらいの淡くて軽い感じの光です。この光がよくあらわれる人は「軽いオーラをしている人」です。素直でこだわりが少ない人は、年に何回もこうしたあらわれが出ていたります。

コメント