過去を振り返る時間より、未来を考える時間を長めにしよう

未来のことは誰にもわからない。でも過去のことは、特に後悔していることは感情とともに記憶に残りやすくいつまでも覚えている。そうなるとわかりにくい未来よりも、わかりやすい過去にばかり意識が向かい、後悔している件について「本当はどうすればよかったのか」をどこまでも掘り下げ続けてしまいます。

こういう思考にはまりこんでしまうことは誰にでもありますよね。しかし、戻ることはできない過去に意識をむけるより、これから新たに作っていける未来に意識を向ける時間を長くとるほうが「自分を幸せにできる」と思うのです。

過去に意識が向かうのは、その件をどのように扱っていたらよかったのかを、過去に戻れるわけではないとわかっていても一応、なぞってみて納得したいのだと思います。これは私自身もやりがちなので(>_<)気持ちはわかります。しかし、どの時点までさかのぼっていけば後悔している件が起こらないようにできたかは、‥‥‥たぶんわからないでしょう。

少なくとも私自身は何回もそういう思考をしてみて、相当に過去からの思考や選択を変え続けていかないと別の形にはならなかっただろうという結論になり、なんかふっきれて過去を考えることは少なくなりました。今は未来を考えている時間のほうがずっと長いです。そしてそのほうが気持ちが楽でいられます。

これからいかようにでも変えていける(作っていける)未来に意識を向けて、何をどうしていけばいいかとアイデアを練るという時間の使い方は、満足感も納得感も大きくなって楽しいものです。

コメント