守護霊には、自分のすべてが伝わっています。

守護霊とは、自分自身ともいえるくらいの深いつながりがある存在です。

お互いが、たましいという大元でつながっていますから、守護霊が自分のことをよくわかっていないとか、誤解するなどということはありません。

この関係性の構図は、守護霊を含んだたましいの大元が「全体」で、こちらの世界で経験を積んでいる自分が「部分」になります。

部分側から全体を把握するのは困難ですが、全体には部分が包括されていますから、守護霊は、こちらにいる自分のことをすべて知っています。

伝えなければ伝わらないという、この世での「他人」のような関係ではないのです。

知っているのになぜ、自分の大変な状況を助けたり、改善したりしてくれないのか?と思うかもしれませんが、守護霊とは、自分がこの世で経験をつむための導き役であり、困難を取り除いてくれる魔法使いではないという理解が大事です。

人生は、自分が作り上げて進むものです。

そのために自主性が尊重され、自由が与えられています。

・・・と、このように知ると「なんだ、助けてくれないのか」と、がっかりする気持ちも出てきてしまうけれど、守護霊は、それらに無関心ではないし、成り行き任せでもないです。必要ならば助けてくれることもあるけれど、助け方の解釈に差があるということです。

守護霊になる存在とは、霊的に高いレベルに進化・向上している方たちですので、こちら側の自分が「こうなったらいい」「これが不満だ」思う感覚とは別の、たましいの視点からの解釈で、導き、助けをしているのです。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント