守護霊は、日本人とは限りません。

私たちは「肉体をもっている霊的な存在」であり、霊的な関与をうけながら、この世での人生という経験を学んでいるという定義がスピリチュアリズムには存在します。

霊的な関与のひとつが、守護霊(指導霊)という存在からの導きです。

守護霊と自分とは「たましいの繋がりがある関係」です。

守護霊は、血縁の身内の霊ではないですから、自分と国籍が揃っていないことも普通にありますね。

自分が日本人だから、守護霊も日本人という規則性はなく、アメリカ人の場合もあれば、中国人の場合もあります。

守護霊は(先祖霊と違い)血縁の繋がりではないので。

自分が日本人なら、守護霊も日本人であるものと思ってしまうのは、おそらく、霊といえば「先祖の霊」をイメージしてしまうためだと思います。

おじいさんや、ひいおじいさんは、自分が日本人であれば、同じように日本人というケースがほとんどでしょうから、そのイメージの延長で、守護霊も、自分と国を揃えた存在のイメージが浮かぶのでしょう。

しかし、守護霊は、先祖霊とはカテゴライズが別になります。

先祖霊は「血縁という繋がり」という、この世的なものですが、

守護霊と自分は「たましいの繋がり」で、たましいに国籍のような区分はありませんので、日本人とは限らず、いろいろな方がいる可能性があります。

このことをセッションでお伝えすると「えっ、日本人の自分に、外国人の方ですか?」と、不思議がられることがときどきあるけれど、

国も時代もまったく違っているのに、お互いの職業が似ていたり、性質が似ていたり、その外国のことに(たとえば守護霊がイギリス人だとして、イギリスの文化などに)ご相談者さま自身が関わりがあるなどの、何かしらの共通点や繋がりがみられることが多いようです。

そういうところが、たましいの繋がりのあらわれなのでしょうね。

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

守護霊
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント

タイトルとURLをコピーしました