制限があるから、思考が冴えるし行動ができる

私たちは、時間、労力、責任、などの制限があるからこそ、その中でなんとかしようという思いがうまれて行動できます。もしも何の制限もなければ、いつでもいい、今でなくても大丈夫という気分で、思考にも行動にもスイッチがなかなか入りません。

時間が十分にあり、気持ちにゆとりがあるときは、意外とアイデアも浮かびにくいものではないでしょうか。時間があるときこそ、前からやりたかったことをすればいいのですが、実際にはなかなか行動できないですよね。

逆に、あれもこれもやらないと…と忙しくしているときは、思考と行動のスイッチがオンになっているので、その流れでほかの事柄にもいいアイデアがでてくるものです。

まったくゆとりがないのは疲弊しますが、ありすぎてもスイッチが入らないので、ある程度は意識に負荷がかかるシチュエーションがいいみたいです。

私たちはいつも「やってみたいことがあるが、あれとこれの制限があるからできない」と考えてしまうけれど、逆から「あれとこれの制限があるなら、どうやって○○をすればいいだろう?」と考えてみるといいのでしょうね。思ってもいないアイデアや答えが浮かび上がってきたり、降りてきたりするのは、制限があるなかで工夫しようとしているときに多い気がします。

コメント

  1. mulichan より:

    この記事を拝見して感じるのは、自分が比較的気分よく物事を進められている時は、この「制限」というものを無意識ながらうまく利用しているように感じます。制限があるからこそ、物を選ぶにも、行動するにもその枠の中で最大限にできることを考え進んでいく。ただ、何かのはずみでこの「制限」をネガティブに捉えはじめ、自分の人生に立ちはだかる壁のように感じ始めると、人生に対してどこか不貞腐れた感じの感情を抱き、行動がstopしてしまうことがあるなと感じました。

    制限の中にある『自由』に気づき、獲得し、本日も少し前に進みたいと思います。

    • リカコリカコ より:

      mulichan様
      そうですね、制限は「判断基準」だととらえればいいですよね!それがあるから逆算できるとか、短期的な目標がつくりやすいというふうにちょっと無理やりにでも?メリットを見いだしていけば、お書きになっているとおり「制限の内にある自由」をいかして進んでいけるのだと思います☆