オーラの色は、複数色のあらわれになります

本質をあらわす(頭上の)オーラの色は、1色だけの人はいなくて、だいたい2色か、3色のあらわれになっています。

人は多面性をもつ存在なので、

オーラの色にもそのことがあらわれていますね。

オーラの色から性格や性質をつかむときに、単体の色から「赤いオーラだと○○で」「青いオーラだと××で」と解釈されることが多いですが、

複数の色によるシナジーがあったり、比率によってもあらわれの度合いが変わったりするので実際はもうちょっと複雑です。色の濃淡なんかもあるので。

たとえば「赤と青」という同じくみあわせの二人がいるとして、ひとりは真逆の要素があるゆえに打ち消しあって力を発揮できず、もうひとりは真逆の要素をどちらもうまく使い分けて力を発揮できるという差がつくことがあるのは、

赤×青のシナジーをうまく使えているか、比率、濃淡、etc、

いろんな要素が関連してくるためです。

単に何色かというだけでなく、複数の備わりがあることやそれによりうまれるシナジー効果などもふめたトータルが「自分らしさ」になります。

★記事が役立ちましたら「ブログランキング」投票をお願いします!
人気ブログランキング
人気ブログランキングでフォロー

オーラ
スポンサーリンク
シェアする
スピリチュアル ティーチング

コメント