仕事量が多ければ、実力もその分だけ身についている。

人よりたくさんの動きができる、気が利いて行動が早い人は、たくさんの量をこなして、たくさん苦労して、・・・なぜかたくさん「怒られる」こともあるという理不尽な状況に置かれることがあります。

たとえば普通の人が、一日に10回その仕事をこなせるとします。だいたい10回くらいやれば、1回くらい、間違いが発生するとします。

気が利いて行動が早い人がいて、一日に30回も仕事をこなせるとします。コツをつかむのが上手なので(だから早くできる)、ミスは少ないけれども、それでも20回に1回くらいは、間違うとします。

そうすると・・・前者は一日で1回、後者は1.5回となったときに、 なぜか比率としてはぐっと低いはずの後者が 目立って怒られてしまうという、不思議かつ理不尽なことがよくあるものです。。

比率は低い上に3倍の量の仕事をしているのに、 こういうことってあるんですよね。

さらに、仕事が早い人というのは、「作業を進めることがうまい人」で、作業によどみがなくて流れるように行うので、 簡単にそれをやっているふうに見えてしまい、簡単にやって慎重さがないから間違いが多い(多くないのに;)という受け取られ方になったり・・・。

こういう評価のされ方になると、理不尽としか表せない気持ちになりますが・・・、 しかし見ている人は見ているものだし、わかってくれる人もいるだろうし、

そして何より、回数を重ねることで 自分の実力が伸びている」ことは確かで、 どこかで力がいかされることもあるでしょう。

ものごとはすべて裏表なので、そういう一面があれば 別の一面もあるものなので、 明るい気持ちに切り換えましょう。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加