「職場での、これからの立ち位置」に迷う時期があるものです。

若いスタッフが多い会社で働く場合、ある程度のキャリアがついてくると、その後の「立ち位置」に迷いがでてしまうことがあるものです。

仕事場というのは、仕事をしてお金をいただくところであって、気持ちの問題とは別であるとは、よく言われることだけれど、

しかし、その場の人間関係が作り出す「場の雰囲気」はあるわけで、

考えが深い人ほど、「上層部は、本当は自分に移動願いを出してほしいと思っているのではないかな」とか、「自分の存在が、他のスタッフに気を使わせていないだろうか」と、心配になって、これからの自分の進ませ方に迷いがでてしまうこともあるでしょう。

こういうときは、「自分が新人だった頃の、先輩達はどうだったか」を思い出してみるといいです。

当時の先輩達も、今の自分と同じような気持ちと戦いながら、頑張って仕事をしていたかもしれません。そのようすが、参考になる部分もあるのではないでしょうか。

こういうことは皆、順番で、少なからず誰もが経験していくことだから

ある程度は「こういう経験も学びのうちだろう」と、受け入れていくことも必要でしょうし、

現実的なことをいえば、自分の生活がかかっているのだから、強い気持ちをもって、開き直るくらいの気持ちでやっていくことも、必要なのだろうと思います。

この記事は、若いスタッフが多い業種を想定して書いているものです。

ですが、どのような業種、職種であっても、後ろから若い人が追ってくるという構図はよくあることで、こういう迷いがでることも、きっとよくあることだと思います。

それでも、その場所でやっていこうと決めたなら、「自分も頑張って走るしかない」のだと思います。

もちろん、その場所でなくてもいい、もっと今の自分にあった場所でと思うなら、方向転換という選択もアリだと思いますし、決まった正解はありません。

いずれにしても、先輩達のことを思い出してみてください。

きっと、そこに何かのヒントがあるはずです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加