その場にない香りを認識する(芳香現象)センス。

その場所には物理的な要因がないのに、どこからともなく香りが発生してくるというスピリチュアルな現象があります。

スピリチュアルなセンスは、見える、聞こえる、感じるなどが代表的ですが、このように、「嗅覚」に関連してくるパターンもあり、その現象は「芳香現象」と呼ばれるようです。

香りとしてエネルギーを受けとっている。

芳香現象のあらわれは、その場にいる誰もがとらえられるはっきりとした香りになることもあれば、霊的な感覚が鋭い人だけに感じられる、微細な香りの場合もあります。

上品なお香のようだったり、花や木などの自然の香りだったり。またはタバコなどの嗜好品の香りなども多いようです。

こうした現象を認識しやすいのは、物理的な意味での嗅覚が優れている人に多いです

普段から、香りに敏感であるとか、好きな香り、そうでない香りという差が大きいとか、アロマなどを好む方などが、こうした芳香現象を認識しやすいようです。

理由としては、第六感的なものは、「視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚」などの、五感の延長上にあるからです。

よくプロ野球選手が、「ホームランとは、(ホームランというものが、単体で存在するのではなく)普通のヒットの延長である」などと発言なさいますよね。

それと同じようなもので、物理的な嗅覚での認識力と、スピリチュアルな芳香現象の認識力は、グラデーションで繋がっています。

しかし、不思議と「芳香現象をキャッチできる嗅覚をもっている人ほど、そのことを自覚しにくい」こともあります。

その人にとってあまりに普通に頻発しているので、普段の嗅覚での物理的なそれと、芳香現象との区別がつきにくいのでしょう。

香りが好きな方、嗅覚での判断が得意な方は、実は日常の中で無意識のうちに、こうした芳香現象による把握も、行っているかもしれません。

しくみを知ると、現象に気づきやすくなるものです。しかし、あまりに意識しすぎても、こうした微細なエネルギーを把握するのは難しくなり、ほどよく力が抜けているのがわかりやすいので、

知識としてしくみを覚えて、そしてそのことを忘れた頃にふと、いい香りがただよってきて気づかされる・・・なんて現象が起こったら素敵ですね。

コメント

  1. らんもも より:

    芳香現象がある為、こちらにたどり着きました。その場にない甘い香りがふわぁーと毎日何度も漂います。この現象が始まって1週間ほどたちますが、私は現在離婚を前提に夫と別居しています。不安な時期ですが、甘い香りがきになりました。鼻は昔からよく効きます。

    • リカコリカコ より:

      らんももさま

      普段から嗅覚が敏感なのであれば、おそらくそれは、この記事のような芳香現象なのでしょうね。印象として「よい香り」の部類であれば、たとえば励ましなどのメッセージ性がある場合が多いと思いますよ。

  2. はこ より:

    初めまして。

    芳香現象。という言葉を今日初めて知った者です。(50代の女性です。)

    ここ10日程家庭内がざわついておりました。(私が一人でエキサイトしていただけなんですけどね。)
    特別に力などないのですが。今までの体験で言いますと夫婦間でもめ事が起きた際に不可思議な体験をする事が多くなりました。

    芳香は2日連続で、悪臭は1日のみありました。
    霊感は割と強い方だと自覚しております。「視覚」「聴覚」「嗅覚」とトリプルで感じたのは生まれて初めてで、自分でも驚く限りです。

    • リカコリカコ より:

      はこ様

      その場にない香りがしてくる現象は、わりとよくあることのように思うのですが、
      しかし、スピリチュアルな現象という結びつけにならず、
      なんとなくそのまま流してしまうケースも多いでしょうから、

      芳香現象という言葉も、あまり浸透はしていないのかもしれないですね。

      どこからともなく、よい香りがしてくると、
      気持ちが切り替わったり、励まされたり、嬉しい気持ちになったりしますよね(^o^)

  3. さささ より:

    芳香とは何か違うような気がするのですが、1人で京都にお墓参りに行って、特に食べたい物もなく、守護霊さんは居るんだと興味を持ち出した時期だったので、何が食べたいか教えてくださいと思ってたら、地下の駅を降りてスターバックスしかない場所で、ふっとだしの香りがして、パッと蕎麦と思いました(うどんではなく)。
    知らなかったけど京都はお蕎麦やさんが沢山あって、どの店にするか迷いながらテキトーに入ってにしんそばを美味しくいただきました。

    • リカコリカコ より:

      さささ様

      その場にない香りがしてきたことは、芳香現象といえると思いますよ。

      その後の現実的な行動と繋がっていったことは、それとは別のあらわれと考えればいいのではないでしょうか。
      ご自身が守護霊さんに、何かヒントとなることを願っていたタイミングであれば、それに応えるように、お蕎麦という選択肢があることを伝えてくださたのかもしれませんね。

      ただし、守護霊さん自身が(あなたを通して)食べたい、という可能性は低いです。守護霊とは、進化向上した霊が担う役割で、そういう段階にいる進化した霊は、食べものをほしがることはありません(^o^)。もし、守護霊さんからの働きかけによる芳香現象だったとすれば、「あなたが食べるように」と、いい情報?をお伝えくださったのだと思いますよ。

  4. さささ より:

    詳しくありがとうございます!
    守護霊さんはきっと高齢者という思い込みから、へー蕎麦が食べたいんだーと解釈していました(笑)
    京都は近いので頻繁に行ってますが、蕎麦という選択肢はなく、意識して探してみるとこんなに蕎麦屋さんが沢山あるんだとはじめて認識しました。
    冬だったので温まりました。
    守護霊さん(が教えてくれたとして)は本当に親切ですね。

    • リカコリカコ より:

      再びありがとうございます。

      霊には肉体はありませんから、
      守護霊の姿とは、生前の姿をまとっているだけなので、
      見た目が若くても、年配でも、どちらにしても
      中身は「進化向上している存在の霊」になります。

      お蕎麦の香りで、知らせてくれていたとしたら、とても有り難いことですよね!