ネガティブなエネルギーのほうが、体感しやすい。

体感覚で「感じる」という把握をするときに、より感じやすいのは、「ネガティブで低いエネルギー」のほうです。

なぜなら、それらは「重い」からです。

物質にたとえるならば、「ふわっとした軽いもの」をもつよりも、「ずっしりくる重いもの」をもつほうが、体感が大きくなりますね。

エネルギーを察知するときの、身体感覚もそれと同じで、重いもののほうが「把握しやすい」ものとなります。

エネルギーの体感を言いあらわすときに、「重いエネルギーを、○○に感じた」などという言い方をする人がいますよね。それは、体感覚の把握が優れた人にとっては、そうしたエネルギーは、実際に「重量があるように体感される」ものだということでしょう。

この世という物質次元というものが既に、エネルギー的には、重い振動の場所です。

そうした場所で生きる私たちにとっては、「より重い、ネガティブなエネルギーが体感しやすい」ようになっていて、「より軽い、ポジティブなエネルギーは、それと比べると体感がしにくい、微細なもの」という認識になります。

そういう中で、ポジティブなものに意識的になっていこうと、そちらに自分を合わせていこうと意欲的になることは、実は「すごいこと」でもありますね。

物質次元では、重さのあるものに影響されやすいという中で、明るくてポジティブな方面に意識を向けて生きようとする人は、「ポジティブな人」ということだろうと思います(^_^)。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加