オーラの把握は「感じる」という方法もある。

オーラとは、体の周りをとりまいて存在している、スピリチュアルなエネルギーです。

存在感が大きくて目立つ人や、印象が強い人に、「あの人は、オーラを持っているね」とか、「あの人は、オーラがある人だね」などの表現が使われることがあります。

実際にはオーラは誰にでもあり、特別な一部の人だけが持っているものではありませんが、存在感が大きくて目立つ人のオーラは、平均よりもサイズが大きくて、エネルギーが放たれる勢いも強いケースが多いです。

ですので、「オーラを持っている」とか「オーラがある」という表現の前に、「平均よりも」という言葉を加えたならば、その表現は正しいことになります。

こうした表現が、一般的によくつかわれていること、そして、実際のオーラのようすと揃っていることから、

多くの人が、「オーラという、その人自身をあらわすエネルギー」を、視覚以外の方法で、把握していることが、示されていると思うのですよね。

視覚的にエネルギーをとらえなくても、その他の感覚で「感じる」こともできますからね。

個性などの詳細まで把握するとなると、またちょっと別になりますが、「他の人と、何か違うものを持っているようだ」とか、「強いエネルギーなのだろうな」というレベルで、体感するということは、多くの人が、ごく自然に起こっているものです。

だからこそ、「オーラあるよね」という表現に対して、言葉を発するほうも、その発言を聞くほうも、違和感を覚えることなく、普通に受け入れて「そうだね」という共通認識になっているのでしょうね。

★★★
人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加