オーラの輝きとは、「華」であり「格」であり「品」であり。

オーラのようすは、その人自身をあらわしていて、明るく輝いていることがのぞましいです。

オーラの明るさというのは、性格のほがらかさという意味での「明るさ」とは、別の要素であることは、以下の過去記事でお伝えしているとおりとなります。

オーラの明るさと、性格の明るさは、別の事柄。
人の身体のまわりには、オーラとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがとりまいています。 オーラは、明るい輝きであることが望ましいです。 オーラが明るく輝いているということは、その人自身のエネルギーが活性化していて、肯定的な放ち方になっていることのあらわれです。 ...

明るい輝きがあらわすことは、わかりやすい表面的な性格とは別の、「華がある」とか、「格がある」、「品がある」と表現されるような、その人がもつ「奥深さ」で、たましいの「深み」が、輝きとなっているのだろうと思います。

そのようすが、華となって伝わったり、格としてあらわれたり、品位として感じられたりする差は、その人が備えている個性との兼ね合いなのでしょう。

光のようなキラキラの輝きだったり、水滴の反射のような瑞々しい輝きだったり、いぶし銀のような重厚さを伴う輝きだったり、バリエーションはいろいろです

★記事が役立ちましたら、下のバナーから「人気ブログランキング」への投票をお願いします。

オーラ
スポンサーリンク
スピリチュアル ティーチング

コメント