何もない空間から音が鳴る、ラップ現象。

何もない空間、音がなるような要因がない場所から、いきなり「ぴしっ」「びしっ」と音が鳴り響くという、スピリチュアルな現象があります。

この現象を「ラップ現象」といい、この音を「ラップ音」といいます。

それほどめずらしくはない現象なので、多くの人が経験していると思います。

この音は、「その場にいる、霊が鳴らしている」と解釈されることが多いようですが、そうしたケースばかりではないようです。

霊がいるかどうかは無関係に、「自分の放つエネルギーが、周囲の物に共鳴して、音がなる」こともありますし。

守護霊や先祖霊などの、自分と近い存在が「何かを伝えようとして、鳴らしてくる」こともあります。

その場に誰もいないのに「幽霊がいて、この音を鳴らしている!」と思うと、怖い気がするかもしれませんが、

その場に誰もいなくても「自分の放つエネルギーで鳴って」いたり、「自分と親しい繋がりのある、守護霊や先祖霊が鳴らしている」とすれば、それは、怖いことではありませんよね。

お部屋でよくラップ音がなるとしても、大部分は、自分の放つエネルギーで鳴らしていると思われるので、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

まれに、守護霊などがメッセージ性を込めて伝えてくることも、あるかもしれませんが、そういうときは不思議と「そうだとわかる」ものなので、そういう感じもしないときは、そのまま流して問題ないと思いますよ。

ちなみに、ラップ音の「ラップ」とは、

チェケラッチョ!な、ラップと同じ語源だそうで、トントンなどの、物音の擬態音からきているそうです。

ラップ音、そんなに怖いものではないですYO!

心配しなくて大丈夫ですYO!

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. いざり より:

    毎日興味深く読ませていただいております。

    ラップ音というと、父の葬儀を思い出します。
    小さな小さな家族葬を、お通夜と告別式と、ほぼ同じ状況で執り行いました。違いといえば、告別式で納棺のスタッフさんがお二人増えたくらいです。
    お通夜は至ってしめやかでしたが、告別式では、思わず天井を見上げてしまうような大きなラップ音が、お式の間中、ひっきりなしに鳴っていました。

    こうしたケースですと、父である可能性が高いでしょうか?

    私の数少ない不思議な体験の中の一つです(^^)。

    • リカコ より:

      ブログのコメントで回答できる範囲は、一般的なことのみで、個人的なことへの回答は対応を行っておりません。

      書かれている件は、霊視してみないと実際のところはわかりません。
      お父さまかもしれませんし、または、別のお身内の方かもしれませんし(^_^)。
      あるいは、その式場は、普段からよくラップ音がなる場所で、何かの条件下でそうなったのかもしれませんし、
      増えたスタッフさんが、エネルギーが強いということもあるかもしれず(^_^;)

      その記載の情報からの逆算では、何が原因なのかを特定はできないです。

      私のほうからは、その件はこうですと、ここで回答はできませんが、
      ご自分がそう思ったなら、それを信じることでよさそうにも思いますけれどね。

  2. いざり より:

    お答えいただいてみれば、なるほど、ざっと挙げただけでもこんなに色々な可能性があるのですね。
    色々な可能性があるままにしておこうと思いました(^ ^)。

    ありがとうございました。