自分が選んで進む道が、守護霊とともに進む道。

私たちには、たましいの導き役である「守護霊」という存在がいて、この世での「人生という学び」を見守っています。

しかし、この人生の時間を進んでいく主人公は、あくまで自分自身であり、

自主性をもって進んでいくことも学びのうちですから、

たとえば、守護霊が前面に立って、ああしろこうしろと指揮をとるような関係になることはなく、

どのような場面でも、基本的には私たちの自主性が尊重されていき、守護霊は、それを大局的な視点から見守っています。

前面に立つのは、主人公である、自分自身です。

人間関係で、お互いのわかりあえないところや、違う存在であることを強調する表現として「お互いに、他人同士だからね」などという言い方がつかわれることがあります。

自分と守護霊の関係は、だれよりもわかりあっていて、(この人生の経験から学ぶという)同じ目的をもっている「お互いが、自分同士」ともいえるくらいの、近い関係です。

私たちの側からは、守護霊の姿形を認識することができず、

その働きかけも、はっきりとはとらえることはできなくても、

心の深いところではわかりあっていて、

たましいの目的としては、同じものを共有しているのです。

この人生を生きる主人公である私たちは、

自分を信じて、自分の人生を進んでいけば

その道は、自分と守護霊が、ともに進んでいく道となるのです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加