守護霊が、霊的な視点で、学びを導いてくれる。

守護霊は、私たちの人生という学びの経験を、霊的な視点から、見守り導く役割をしています。

私たちは、「スピリチュアリズムに関心をもっている」場合でも、目の前の現実を避けて通ることはできず、生活を営んでいかなければならないので、

霊的なことのほうにだけ、意識を向けてはいられませんね。

このことで、学びが進まず遅れてしまうのではないか?と、焦りが生じる人もいるかもしれませんが、それは大丈夫です。

守護霊との共同作業として学びが進む。

自分と守護霊は「人生という学びを、共同作業で推し進めている」関係です。

仮に、自分の「現実的で、表面的な意識」が、生活に関連した事柄のほうにばかり向いていたとしても、

「霊的で、深いところにある意識」は、しっかりと、その事柄の経験を通して学びを進めていく運びに「なっていく」ものです。

そういうところを、守護霊が導いてくれますから、

スピリチュアリズムを常に意識していないと、学びが遅れてしまう、などということにはなりませんから、安心して自分のペースで進んでいけばいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました