自分のオーラに、心地よく響くもの。

人には、オーラというエネルギーがあって、その人自身の特徴が、エネルギーの中にあらわれているように、

物や出来事がもつエネルギーにも、それ自身の、性質や特徴があらわれています。

人、物、出来事の間につくられる「関わり」は、お互いのもつ「エネルギー同士の関わり」でもあり、お互いに作用を与えあうことになります。

オーラとは、その人自身をあらわすエネルギーであると同時に、

オーラそのものが、エネルギーを放ったり、受けとったりする「装置」としての働きをしていますから、自分によい作用を与えるものを、感覚として感じ分けることが可能です。

それぞれがもつエネルギーの「響き」に、心のダイアルをあわせていき、それが自分にどのような印象や反応を生じさせるかを、意識の網で感じとっていく

と、自分に合うもの、安心や、力を与えてくれるものが、わかります。

対象物がもつエネルギーの響きと、それに対する自分の心の響きが、調和していく感覚は、とても心地よい重なりとなって、心の中に深く、響いていくからです。

★★★人気ブログランキングに参加しています。記事が役立ちましたら、クリックして投票をおねがいします。
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. えみ より:

    覚えてらっしゃらないかもわかりませんが・・・以前電話リーディングでお世話になったことがあります。えみです。

    あれからも、毎日こちらをチェックさせて頂いております。
    いつも、気づきのヒントを与えて頂き、ありがとうございます。

    一つ質問があります。

    >それぞれがもつエネルギーの「響き」に、心のダイアルをあわせていき、それが自分にどのような印象や反応を生じさせるかを、意識の網で感じとっていく。

    「意識の網」とありますが、これは、オーラの網目ということですか?
    そうなると・・オーラは、意識そのもの???と感じたのですが、この解釈はあってますか?

    自分はクラシックピアノをしますが、練習をするとき、意識をどこに置くか、意識をどのように使うか、ということに心を砕きます。
    普段とても意識は身近にあるものなのに・・・「意識そのもの」のことについて改めて考えると、とても不思議で捉えどころのないものであると、感じます。
    思考とはまた違う・・・何かに方向性をつけて導いていくかのような・・・漠然としたものなのに・・・正しく機能させると、すごい集中力もでるような・・・

    練習中はかなりコントロールできるのですが、日常にそれを生かすとなるとなかなか・・・修行が足りません!

    • リカコ より:

      リーディングを受けていただいた方の記憶は、お名前などをお聞かせいただければ、
      しばらく期間があいても、だいたいの記憶はあって、覚えていることがほとんどです!

      ですが、コメント欄は、情報が、ハンドルネームのみですので、
      それがお名前のどの部分をあらわすのかもわかりませんから、
      こちらとしては、コメント主様が、過去のご依頼者様であるのか、
      そうでないのか、というところまでは把握するのは難しいですね。

      ご質問について、

      意識とは、一般的な意味として、認識すること、知覚すること、
      (無意識とは逆の)自分からそうするという心の動きがあること、などが該当します。

      それらの働きをする、気づくとか、認識するための,意識というものを、

      何か特定の道具のようにたとえたとしたら、

      (ものをすくい取るとか、ものをひっかける用途である)網、という「たとえ」を用いて
      そのように表現しているものです。

      オーラの網についても同様で、
      オーラの作用やようすを、実際のものにたとえるとしたら、
      織り成されているようす、エネルギーをキャッチする作用などが、
      まるで「網のようである」という意味で、その表現をつかっているものとなります。

      ですので、記載の解釈としては、

      意識という認識装置を、受けとめる網のようなものというイメージでとらえた場合、
      どのような反応が、自分の意識という装置に発生するか、ということを、

      イメージを助けるための、比喩として、網という置き換えをしたものとなります。