明るい自分でいられれば、憑依を恐れる必要はない。

人は皆、霊的な要素やエネルギーに感化する性質(霊感)を備えていて、この世を生きていく中で、あらゆる霊的な要素と関わりながら過ごしていくことになります。

そうした、霊的な要素との関わりのひとつに、

「霊に憑依される」という、あまりありがたくない?あらわれがあります。

霊的な要素に感化する性質は、皆が備えているものなので、そのときの状態が下がってしまえば、誰もが霊に憑依される可能性はあります。

憑依というのは、思っているほどのレアな現象でもないです。

とても小さいプチな憑依なら、日常の中で珍しくなく起こっている現象で、ついたり、はなれたりしていますから、

それほど恐れるようなものではないし、

気にしすぎなくてもいいことではあります。

しかし、自分のコンディションが著しく下がっているときや、人を恨んだり、悪意を向けたりしていると(そういうエネルギーは、大部分は自分のオーラの中に留まってしまうので)、

同じものが引き合う「波長の法則」によって、けっこうしっかりと?憑依されてしまうことも起こり得ます。

そうなったとしたら、それは「自分の責任」ですよね。原因が自分の中にあって、同じ要素のものを引き寄せているのですから。

解消のためには、自分が「元のよいコンディションに戻る」ことです。

本来の「自分らしい自分」であれば、そうした引き合いは起こらないはずで、明るい光が似合う自分であることを思い出し、切り替えをしていくことですね。

状態が変われば引きあうものも変わり、憑依も解消されていくでしょう。

コメント

  1. かの子 より:

    おはようございます。初めまして。私はかの子と言う者です。
    今私は本州の八ヶ岳の麓に来ています。今日は山歩きに出掛けます。早く目が覚め山の案内を探していたら偶然リカコさんのブログにであいました。読み進めていくと私がたまに何となく感じていた感覚が言葉にされているので安心して読み進みました。嬉しくてメールをしました。最初に読んだブログであれ?もしかして北国の方?札幌にお住まいだったのですね。私は札幌に移り住んで約5年目です。つい嬉しくてメールしました。良い山歩きが出来そうです。ありがとうございます。

    • リカコ より:

      ありがとうございます。書かれているお名前、もしかしてご本名かも?と思ったので、名字のことろは省かせていただきました。そうではないなら、私が余計な気を回してしまい、文章に手を入れてしまって申しわけありません。

      山の案内をさがしていらしたときに、たまたまご覧いただくというのも、不思議なものですね。何か、検索ワードと同じ内容があったのでしょうか。
      今日の山歩き、素晴らしい経験となりますように!

タイトルとURLをコピーしました